未経験からの産業保健師

未経験者が産業保健師になれた求人の探し方!5つのステップで超効率化

ぴよ
ぴよ
検索も転職サイトも全然求人探しの役に立たんわ
こっこ
こっこ
それは探し方が下手くそなだけだよ

産業保健師の求人探しに苦労はしていませんか?

産業保健師への転職が難しいのは、求人が見つけられないからと言われています。しかも未経験可の求人は数が少ないので、求人の数はかなり絞られます。

実際に、私が転職活動を始めた時には、どれだけ「産業保健師、転職、求人」と検索しても求人は見つかりませんでした。

産業保健師と探しているのに、出てくるのは介護施設の保健師だったり。お?と思ったらただのPR求人で、真相は分からないものも、、。

ぴよ
ぴよ
苦労したんだね、、

そこで、寝食以外を情報収集に費やして遠回りをした結果、一番効率的だった、求人探しをするためのルーティーンをお教えします!

ちなみに私は地方都市住まいですが、1週間に2-3件のペースで未経験求人を見つけていました。

ぴよ
ぴよ
どうせ転職サイトに登録しろって言うんでしょ
こっこ
こっこ
正直なところ登録は必須だね。でもポイントは、登録後の行動と転職サイト以外での情報収集だよ

今から紹介しますが、誰もしないような無駄な情報収集もたくさんしました。恥ずかしいですが、あなたが私の二の舞にならないよに、失敗談もお伝えしていきます。

 

そして私がたどり着いた、求人の情報収集の方法をそのまま丸パクリしてください。

 

こっこ
こっこ
面倒な手間は出来るだけ掛けたくないよね

この方法を実践すると、産業保健師求人は工夫次第でいくらでも見つかります!

詐欺広告みたいになってしまいましたが。笑

お金は一切かからない、働きながらも空き時間で実践出来るのでチャレンジしてくださいね。

ぴよ
ぴよ
だから怪しい広告みたいだって
この記事がおすすめの方
  • 産業保健師の求人が探し出せない
  • 効率的に求人を探す方法が知りたい
  • 失敗する求人探しの方法も知りたい

 

これが正解!産業保健師求人の超効率的な探し方

求人探しに難しいことは何もありません。私のように自分で模索しながら求人を探すのも一つの手です。ですが、私と同じで求人票マニアでなければ、1日中ずっとスマホで検索を続けるなんで面倒でしかないですよね。

起きてる時間を全て求人探しに使うなんて嫌だ!という方は、下記の通りに実践してみてください。

<準備編>

  1. 必要な転職エージェントを厳選して登録
  2. Indeedとハローワーク公式サイトをブックマーク

<実践編>

  1. 登録した転職サイトの掲載内容・メール・電話チェック
  2. 1日1回Indeedなどの求人専門検索エンジンでの検索
  3. 担当者や求人掲載元への積極的な問い合わせ

 

準備編の2つと実践編の3つを実行したら、確実に求人を見つけられます。これは断言できます。

ぴよ
ぴよ
すごい自信っぷりだね
こっこ
こっこ
この方法以外に効率的な方法があったら教えてほしいくらいだよ

この準備と実践を行うことで、

  1. プロから情報を仕入れるルート
  2. 自分で情報を仕入れるルート

この2つの求人情報を得るルートを作ることが出来ます。

ぴよ
ぴよ
よく分からないけど詳しく教えて

<準備編>産業保健師求人の超効率的な探し方

ぴよ
ぴよ
準備って、、面倒くさい、効率的じゃない
こっこ
こっこ
準備は1回きり!面倒だけど、ちゃちゃっとやろう

必要な転職エージェントを厳選して登録

あなたは何かを学ぶとき、どこから情報を仕入れてきましたか?本?動画?ネット?口コミ?初めて何かをするときは先人たちの知識や経験を参考にしますよね。

それは転職でも同じです。この記事を読んでいる人は看護職のプロだと思いますが、転職業界に関しては何も分からない素人のはず。

手っ取り早くプロの力も使いましょう。ただし信用できなかったり、質の悪い転職サイトへの登録は時間の無駄なので論外です。

こっこ
こっこ
転職サイトを見極めよう

ひと括りに転職サイトと言っても、会社によって営業方法や扱っている求人数、産業保健に強いかなどが全く違います。

ですので複数の転職サイトを上手に利用してください。私としては転職サイトを3つに分類分けして使うことをオススメしています。

  1. 一斉送信で求人情報が届く転職サイト
  2. 個人宛に求人情報が届く転職サイト
  3. 求人情報が随時更新される転職サイト
こっこ
こっこ
私はこうやって使い分けてたよ

このように使い分けていましたが、すべての転職サイトが産業保健師求人を掲載し、担当者が親切であることが前提です。登録しても無意味なエージェントもあるので、そんなことに時間を消耗しないようにしてください。

実際に利用したエージェントも紹介すると長くなったので、詳しくは別の記事に記載しました。

https://kango-tensyoku.net/entry/%e7%94%a3%e6%a5%ad%e4%bf%9d%e5%81%a5%e5%b8%ab%e3%81%ae%e5%86%85%e5%ae%9a%e3%81%8c%e5%8f%96%e3%82%8c%e3%81%9f%ef%bc%81%e6%9c%aa%e7%b5%8c%e9%a8%93%e8%80%85%e3%81%8c%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%81%99%e3%82%8b

就職後に聞いた話ですが、大抵の企業は外部から人員を探す場合、転職エージェントを使って産業保健師を募集するらしいです。

病院の場合、人件費削減のためエージェントを使わないと聞いたことがありますが、産業保健師に限っては異なることを覚えておいてください。

産業保健師の求人は病院でなく企業が出していますよね。営業職の求人と同じように、人員探し=エージェントに依頼すると考えている企業が多いのです。

こっこ
こっこ
転職サイトに求人情報が集まりやすいから、登録するのが手っ取り早いってこと

Indeedとハローワーク公式サイトをブックマーク

転職サイトの登録が終わったら、次はIndeedとハローワークをブックマークしておいてください。

転職サイトは求人情報を全て拾うわけではありません。エージェントに求人を出していない企業は自分で探し出すしかないのです。

そのために私はIndeedハローワークインターネットサービスを利用していました。

Indeed…求人情報を網羅した検索エンジン

ハローワーク…公的な職業紹介所

Indeedは登録不要ですので、「勤務地:東京、キーワード:産業保健師」と検索してみてください。意外と求人情報が出てきますよね。

企業公式HPでの求人情報や登録していない転職サイトの情報も出てくるので、Indeedを使えばかなりの求人を網羅できます。

ぴよ
ぴよ
そしたら転職サイトに登録しなくても、Indeedで探してから登録したら良いんじゃない?
こっこ
こっこ
それだと遅いこともあるんだよ

実は何度かIndeedで検索をしてから、転職サイトに問い合わせしたことがあります。ですが、1か月以上前の情報だったり、転職サイトの登録を誘導するための求人だったと判明したことがありました、、。

そしてエージェントの担当者からは求人情報を聞いているのに、Indeedには反映されていない、、なんてこともよくあります。

Indeedはあくまでも検索システムで反映しているだけなので、本当に得たい情報が100%掲載されているわけではないのです。ですのでIndeedを中心に転職活動するのではなく、補佐役として使いましょう。

ぴよ
ぴよ
人が私のために用意した情報じゃなくて、AIが用意したものだから100%じゃないのか

そしてハローワークも穴場です。意外と産業保健師の求人が掲載されていることもあります。

気になる求人は実際に出向かないといけないのが面倒ですが、念のためにチェックしておくと穴場求人が見つかるかもしれません。

ちなみにですが、ハローワークの簡易検索サイトもありますが、個人的にはオススメしません。使ってみたことがありますが、期限切れや既に人員確保された求人も掲載されっぱなしなので、あまり役に立ちませんでした。

ハローワークで求人を探すなら、厚生労働省が運営しているハローワークインターネットサービスを使いましょう。

こっこ
こっこ
古い情報に惑わされないように!

 

以上が求人を探すための準備編です。

効率的に求人を探すには、まず産業保健師求人が多く集まるエージェントや担当者が親切なエージェントに登録して情報を得ましょう。

そして、登録したエージェント以外の情報はネットで検索をかけることが1番早く求人にたどり着く方法です。

こっこ
こっこ
次は実践編だよ

<実践編>産業保健師求人の超効率的な探し方

次から実践編です。これからお伝えする3つのサイクルを毎日実践すると、産業保健師求人が見つかるようになります。

私は毎日ルーティン化することで、週に何度も新着求人を見つけたので本気で産業保健師になりたい人は試してみてくださいね。

登録した転職サイトの掲載内容・メール・電話チェック

登録した転職サイトだけで良いので、求人が更新されていないかチェックしましょう。複数登録した場合2~3日に1件くらいは、新着情報出るはずです。

またメールで一斉送信や個人的に求人情報を教えてくれることもあるので、メールボックスも毎日欠かさず確認しておいてください。

個人宛のメールや電話は1日以内に返信しましょう。

未経験者が応募できる数少ない求人を教えてくれるので、応募までは早ければ早いほど良いです。

1日1回Indeedとハローワークインターネットで検索

ブックマークしたIndeedとハローワークで求人を検索しましょう。

ただし頻度は1日1回10分だけで十分です。求人はそんなに頻繁には出ませんし、1日見落としていた位では転職活動への影響はありません。

逆に検索ばかりしていても時間が過ぎていくだけなので、何時間も求人を探すのであれば産業保健の勉強をしておく方がベターと言えます。

こっこ
こっこ
1日10分検索をして情報を得ておこう

担当者や求人掲載元への積極的な問い合わせ

転職サイトや配信メール、Indeed、ハローワークで求人を見つけ次第、担当者に即問い合わせましょう!

「私のスペックだと問い合わせるのも恥ずかしい」なんて思わなくて大丈夫です。臨床経験6ヶ月でもガンガンに問い合わせていましたが、特に嫌な顔をされたことはありません。

求人は行動したもの勝ちですよ!

時間の無駄!産業保健師求人にたどり着けない探し方

こっこ
こっこ
時間の無駄だった求人探し!マネしないでね

次は余談ですが、失敗した求人探しの方法です。今の求人探しが合っているのか分からない方は照らし合わせてください。

こっこ
こっこ
失敗談が必要ない人はまとめへGO!

実際に私が失敗したと感じる、求人探しの方法はこちらです。ただ時間を費やしただけなので、絶対にやめておきましょう。

  • 産業保健求人がない転職サイトへの登録
  • エージェント担当者から連絡を待つだけ
  • ホワイト500認定企業のリストアップ
  • 企業公式HPの「中途採用枠」をチェック

上記2項目は、前述した方法で対処できますね。

私は転職活動当初、有名な転職サイトを片っ端から登録して担当者から連絡をずっと待っていましたが、求人情報は全く教えてもらえませんでした。

理由は、産業保健師求人がそもそもなかったり、未経験者が入る隙もないので教えてもらえないことだと思います。

こっこ
こっこ
産業保健師の求人がない転職サイトに登録しても無駄!

下記2つについて、ホワイト500のリストアップは本当に無駄でした。健康経営優良法人だったら保健師を雇っているだろうと考えての行動でしたが、そもそも公式HPの求人が見つけられない。

ホワイト500…優良な健康経営を取り組んでいる企業が得られる認定

実は住んでいる県内、隣県も含めてホワイト500の企業公式HPを全て調べました。

こっこ
こっこ
Excelにメモしてたから、3~4時間はかかったね
ぴよ
ぴよ
え?ばか?

ごく稀に公式HPの保健師求人はありましたが、経験者の求人のみ、、。大手ゲーム会社・大手自動車会社などいくつか応募しましたが、もちろん書類落ち!!しかも!!2-3週間選考にかかる!

 

たまに企業公式HPに「キャリア登録」があり、登録してみましたがもちろん声はかけられず、、。

ぴよ
ぴよ
そらそうだ、産業保健師が登録するものじゃないでしょ。エンジニアとかでしょ。

キャリア登録…職務経歴を登録して、マッチする職種があれば企業から連絡がある

ぴよ
ぴよ
ほんとに意味がないことをしてたんだね
こっこ
こっこ
藁にも縋る思いで必至だったんだ…

 

もうお分かりかと思いますが、こういった自分だけでの求人探しはオススメしません!

決して真似しないようにしてくださいね。

産業保健師の求人を探すルーティーン

こっこ
こっこ
まとめです

求人を探すには2つの情報ルートを得ましょう。

  1. プロから情報を仕入れるルート
  2. 自分で情報を仕入れるルート

そのためには、まず情報源を得られるように準備しておいてください。

<準備編>

  1. 必要な転職エージェントを厳選して登録
  2. Indeedとハローワーク公式サイトをブックマーク

準備が出来たら、実践しましょう。毎日のルーティーンに落とし込んで、検索と問い合わせをする癖を身につけてくださいね。

<実践編>

  1. 登録した転職サイトの掲載内容・メール・電話チェック
  2. 1日1回Indeedなどの求人専門検索エンジンでの検索
  3. 担当者や求人掲載元への積極的な問い合わせ
こっこ
こっこ
求人を探す方法が分かったかな?
ぴよ
ぴよ
とりあえず片っ端から企業公式HPを見ることはしない!

以上が私が行った、産業保健師の求人を探す方法です。

その人や地域によって探しやすさは異なると思いますが、実際に内定をもらえて現在働いています。求人探しに困っているのであれば、真似をしてみてくださいね。

ABOUT ME
cocco
アラサー産業保健師。 6か月で新卒病棟勤務から挫折→3年弱クリニック勤務→産業保健師(現在)。