面接体験談

産業保健師の面接体験談【大手企業メーカー】

こっこ
こっこ
今の私の職場だよ
ぴよ
ぴよ
そしたら転職成功の話だね

産業保健師の応募~面接の流れってあまり情報が出ていないですよね。いざ産業保健師になりたいと思っても、情報がないとイメージが掴めないし行動に移せないですよね。

今回の記事では、未経験の看護師から産業保健師に採用された時の、応募から面接後の流れをお話しします。私が採用された企業は、大手メーカー企業でした。業種によって面接の流れはある程度変わりますが参考にしてください。

この記事がおすすめの方
  • 大手企業で産業保健師として働きたい
  • メーカーでの応募~面接の流れを知りたい
  • 産業保健師になれる方法が知りたい

当時の経験歴とスキル

  • 臨床経験6ヶ月
  • クリニック経験3年
  • 第一種衛生管理者
  • 産業カウンセラー

転職活動を行っていた時に、エージェント担当者から連絡が来ました。

エージェント
エージェント
新着求人があります!応募できますよ
ぴよ
ぴよ
え!聞かせてください!!

臨床経験なし、保健師経験なしでも応募が出来る求人でした。求人情報はこちらです。

必須

看護師、保健師

優しく対応が出来る人柄

基本的なPCスキル

尚良

臨床経験3年以上

産業カウンセラー

ぴよ
ぴよ
臨床経験なくてもいける!しかも産業カウンセラーも持ってるからいけるかも!

保健師未経験OKの場合は臨床経験が問われることも少なくないので、この求人を見たときは非常にテンション上がりました。よっぽど通勤が不便だったり給料が少ないということで泣ければ、未経験者歓迎の求人があれば全て応募を検討する方が良いです。

もっと求人の詳細が知りたいと思い、以下の情報を送ってもらいました。

正社員、年収450万円

健康診断の企画と実施、保健指導、健康相談、メンタルヘルス相談、ストレスチェック、安全衛生委員会の参加、復職支援、健康診断結果データ入力

ぴよ
ぴよ
めっちゃいい!給料高い~!

臨床経験問わなくて、産業保健経験なしでの、この条件は破格です!!!ここに至るまで書類選考、面接を何度か落ちた経験があったため、絶対に受かりたいと心に決めました。

掲載前に教えて頂いたのでライバルも少なく、すぐに準備に取り掛かりました。

後で知ったのですが、複数の転職エージェントに求人を掲載していたみたいです。その分ライバルが多かったということですね。

面接までの流れ

転職エージェント担当者からの連絡

流れとしては登録していたエージェントの担当者から、電話とメールで連絡が来ました。「これから掲載する求人ですが、オススメなのでどうですか?」という営業連絡です。

実際に詳しく話を聞いてみると、上記の条件でめっちゃいい!!基本的に担当者が教えてくれる求人は私でも応募できる求人ですので、受けてみたいと伝えたら話は進んでいきます。

求人が出たら教えてくれるのは、ライバルより一歩進めるという点で非常に助かりました。

その日は前職の勤務中でしたので、お昼に連絡を受けた後からずっとそわそわ。職務経歴書と履歴書をメールで送ってくださいと言われたので、家に帰ってそのまま作成し当日中に送信しました。

ぴよ
ぴよ
その日のうちって早いな
こっこ
こっこ
履歴書と職務経歴書はあらかじめ作成しておくと、志望動機を変えるだけで良いからめっちゃ楽だよ

産業保健師求人は早く入職できる方を探している上に、倍率がかなり高いのでスピード感が大切です!エージェントから言われたことにすぐ対応できると、採用へと大きく近づきます。

書類選考に応募

どこのエージェントでもそうでしたが、特に履歴書や職務経歴書の添削などはありませんでした。

もしかしたら送信後にコテ入れされているかもしれませんが、指摘を受けたことはないです。ですが担当者も売り上げを上げたいので、こちらからお願いすると相談に乗ってくれると思いますよ。

ぴよ
ぴよ
心配だから相談してみようかな、、?

ただしテンプレートや記入例を送ってくれるので、何を書いたら良いかはさっぱり分からないとはなりにくいです。

私の場合は、未経験で臨床経験も少ないので、産業保健師になりたいという熱意と企業側のメリットを文章にしました。何度か面接に落ちた経験から、スキルがなければ熱意で勝負しないと、と思っていたからです。

「こんなにも働きたいと思ってるし、あなた方に貢献できるから雇ってください」と伝えるために、必死に考えました。

志望動機の書き方はこちらで詳しく書いています。悩んでいる人は参考にしてください。志望動機が書類選考を通る鍵ですよ。

【内定が決まった】産業保健師の志望動機の書き方【看護師からの転職】 応募したい求人が決まったら、履歴書と職務経歴書を作成しますよね。 産業保健師は応募者が圧倒的に多いため、志...

面接前に転職エージェント担当者との打ち合わせ

3日程で「書類選考を通過しました。おめでとうございます。」と連絡を頂きました。

ぴよ
ぴよ
やったー!面接頑張ろう!

未経験者は言うまでもなく圧倒的に不利なので、大勢の中から面接まで進むのは至難の業です。面接に進める=未経験の私と会ってみたいと思ってもらえたということですから、あとは面接への対策が十分であれば勝算があると言えます。

面接当日のスケジュール調整はエージェントがしてくれたので、私は当日までに面接対策を練るだけでした。

担当者からは、自己紹介、志望動機、自己PR、長所・短所、産業保健師にどうしてなりたいか、逆質問5個を言えるようにしておいてください、とのことでした。

ぴよ
ぴよ
こんなの面接を受けるなら当たり前でしょ?
こっこ
こっこ
すらすらと話せるまで練習する人は意外と少ないんだよ

よくある面接対策と思えますが、看護職は面接が大の苦手だそうです。何故かというと企業の面接は初めての人が多く、ある程度適当でも採用される病院面接の感覚で受けてしまうからとのことでした。実際採用された企業以外の面接は、私はかなり適当に対策をしてことごとく落ちてしまいました。

面接に絶対落ちたくないのであれば、カンペを作って何度も読み直すことがおすすめです。普段堅苦しい言葉は使わないので、文章を考えていても意外とすらすら話せないものです。聞かれたら即答できるように準備しておきましょう。

一次面接

採用担当者との面接

一次面接の担当者は、前任保健師と部長の2人でした。場所は10人規模の会議室で行われ、雰囲気は終始穏やかに進みました。

ぴよ
ぴよ
部長さんってかなり偉い人だよね
こっこ
こっこ
部署のトップだから当然ビジネスマナーも見られているよ

気になる質問内容は、自己紹介、志望動機、退職理由、産業保健師とは?でした。もちろんこれだけでなく会話が広がっていけば、その時々で質問はありましたが大枠はこの4つで練習していた通り話すことが出来ました。

また、話が盛り上がるためには「産業保健師がどういった業務や役割を行うのか」を理解しておくことは必須だと思います。これまでの経験を話すだけでは面接に受からないので、今後産業保健師としてどう働いていくのかを話さないといけません。

産業保健師に関する質問は「何となく企業で働きたい」だけの看護師を、ふるいから落とすために使われるそうなので準備しておきましょう。

こっこ
こっこ
話し方は簡潔・ゆっくりがポイントと言われたよ

面接時間は20分程度で、産業保健師の知識や勉強もしていったので、逆質問も問題なく行い手ごたえはありました。その1週間後に一次面接の通過&最終面接のお知らせが!!!

手ごたえはあったものの、条件が良い求人は応募者が多いため、私の経歴は圧倒的不利なので驚きが大きかったです。嬉しさと緊張が入り混じって、最終面接まではドキドキそわそわしていました。

最終面接までは「受かるかも」と浮かれがちですが、気を引き締めて対策を取りましょう。

最終面接

採用担当者との最終面接

最終面接で落とされたこともあったので、十分に対策しておこうと企業ホームページを見たり、産業保健師の仕事内容についての復習を行いました。準備不足だとその不安が、面接の言動や態度にも現れるので、その点においても準備は必須です。

最終面接は本部長(所長)と部長の2人でした。

役員レベルの方ではなかったものの、人の上に立っている人はオーラもすごく圧倒されます。ただし面接と言った名前ですが、形式としては顔合わせ・最終意思確認のみで採用はほぼ決まっていました。

エージェント
エージェント
最終面接は面談のみの場合もありますが、同じように準備しておくと間違いないです
こっこ
こっこ
他に有力候補がいたら選考のための面接にする予定だったみたい

質問内容としては、本部長への自己紹介、志望動機で残りは雑談が中心で、時間は15分程度と短めでした。ここでもスムーズに話せるように準備していたので何とか乗り切れました。

性格検査

企業での採用試験ですので、やはり性格検査はあります。よっぽどひどくない限り、これで落とされることはありません。

性格検査では「嘘をつかないように」と担当者に言われていたため、それだけ忠実にあとは適当に答えていきました。同じような質問ばかりで疲れましたが、何とか30分乗り切り最終面接は一通り終了。

かなり対策を練っていたので拍子抜けでした。先に言った通り、最終面接でも選考に影響があるものとほとんどないものの両方があるようです。

結果は翌日に伝えられ、見事内定をゲット!2週間後からの配属となりました。

ぴよ
ぴよ
応募から採用までの流れが早いね!

採用されたポイント❘まとめ

今回採用されたポイントとしては、熱意をもって「産業保健師になりたい理由」「企業側のメリット」を伝えられた、産業保健師について答弁が出来た、質問対策を十分に行ったことだと思います。

一番質問にスムーズに答えられたのが私だったようで、それも採用に繋がった理由と後から言われました。また応募からの一連の流れで、エージェントへの書類送信やメール返信は数時間以内に行っていたのも心象は良かったと思います。

看護職は面接対策が苦手ですが、採用担当者はビジネスマンであることを念頭に置いておかないといけません。あまり準備をしていない人が多いので、会社員が受けるような面接対策を行っておくと一歩リード出来ますよ。

大手企業で働きたい方は、以下のポイントを押さえて転職活動を行ってください。

  • エージェントへの連絡は即日中に行う
  • 履歴書・職務経歴書は手を抜かず作成する
  • 面接対策はカンペを用意し、スムーズに話せるまで練習する
  • 産業保健師の知識を増やして、会話を広げられるようにする
ABOUT ME
cocco
アラサー産業保健師。 6か月で新卒病棟勤務から挫折→3年弱クリニック勤務→産業保健師(現在)。