産業保健師

【内定が決まった】産業保健師の志望動機の書き方【看護師からの転職】

  • 産業保健師の書類選考に受かりたい
  • 志望動機の書き方って?
  • アピールできる経験が少ない

 

応募したい求人が決まったら、履歴書と職務経歴書を作成しますよね。

 

産業保健師は応募者が圧倒的に多いため、志望動機で差をつけないと書類選考で簡単に落とされます。

反対に看護師求人は人手不足のため、適当に書いた志望動機でも受かるので、看護職は志望動機を書くことが苦手な方は多いです

私自身の転職活動では、経験値で落とされることもありましたが、「経験が少ないけど、この人とは会ってみたい」と思われる志望動機を書くと面接に進めることが出来ました

 

この記事では、未経験で産業保健師になれた私が、

  • 産業保健師の志望動機のポイント
  • 志望動機の書き方
  • 志望動機の具体例

についてお伝えします。

 

「面接に呼んでもらえる志望動機」を書いて、書類面接をクリアしましょう。

 

まだ働きたい企業が決まっていない場合は、こちらの記事がおすすめです。

 

産業保健師に求められる志望動機のポイント

ぴよ
ぴよ
履歴書の志望動機欄って小さくない?
こっこ
こっこ
たくさん書ける職務経歴書に、志望動機と自己PRを一緒に書くよ

履歴書にも志望動機を書く欄はありますが、枠が小さいため詳細を書けません。

履歴書だけで収めようとすると、どうしても内容が薄くなるため、ありふれた志望動機となってしまいます。

そのため、履歴書には簡潔な志望動機、職務経歴書には詳細な志望動機を書きましょう。

 

産業保健師に限らず、企業に応募する人々は以下のように作成しています。

履歴書:簡潔な志望動機

職務履歴書:詳細な志望動機(自己PRを含む)

こっこ
こっこ
職務経歴書は履歴書に不足している情報を記すものだよ

 

また、職務経歴書と解離があった場合、選考中や面接中に疑問や矛盾が生まれてしまいます。

面接は履歴書と職務経歴書を手元に置いて行うので、内容を結び付けて書きましょう。

 

そして未経験者の志望動機は、似たような文章になりがちです。(予防医学に関心があった、従業員の健康サポートを行いたいなど)

産業保健師求人の応募者が、産業保健師になりたいのは当たり前ですよね。企業が求めている人材とは何でしょうか?

 

こっこ
こっこ
自分が採用側だと想像してみて
ぴよ
ぴよ
頑張ってくれそうな人と一緒に働きたいかなぁ

 

企業が求める人材とは、自分たちにメリットをもたらす人材のことであると、私は考えています。

企業では結果が全てです。

1年で喫煙率〇%などの目標を掲げて、客観的評価を受けていることは知っていますか?

企業として産業保健に力を入れると、人材集めや株主へのアピールになるため、「企業をより良くしたい」と考えている人を採用します。

こっこ
こっこ
もちろん社員の健康を維持するのが1番だけどね

 

考えてみれば当然ですが、「産業保健師になりたい」熱意だけでは採用はされません。

一番大切なポイントは、企業への貢献、採用することでのメリットを採用担当者に上手に伝えることですよ。

 

これを念頭に置いて、職務経歴書を作成しましょう。

  • 履歴書に書けなかった志望動機の詳細を職務経歴書に書く
  • 履歴書と職務経歴の内容を結び付けて考える
  • 企業のニーズに応えられるかを具体的にアピールする

 

産業保健師になるための志望動機の書き方

志望動機の流れは、看護師や一般職求人に提出するものと同じです。ただし、初めてだと構成や書き方から悩みますよね。

 

志望動機は以下をベースに構成してください。

 

志望動機の構成

  1. 前職での経歴と導入(1文)
  2. 前職での業務内容(1文)
  3. 産業保健師になりたい理由(1文)
  4. その企業でないといけない理由(1文)
  5. 貢献したい理由・将来の目標・ビジョン(1~2文)
こっこ
こっこ
それぞれ具体的に説明するね

 

①前職での経歴と導入

最初に志望動機の導入部分を書いていきます。重要部分ではないので、簡潔に短く書きましょう。

 

書く内容はこちらを参考にしてください。

  • 前職での経験年数、何科で働いていたか
  • どのような経験を積んだのか
  • 産業保健に興味を持ち始めた出来事・きっかけの導入

 

最終的に産業保健師として働きたい理由へと繋げるため、その後に書く内容と一貫性を持たせると良いですよ。

例:3年間精神科の看護師として患者様と関わるなかで、自宅や会社でメンタルヘルスの予防をしたいと思いながら勤務して参りました。

 

②前職での業務内容

業務内容も「産業保健師になりたい理由」へと繋げるクッションなので、あまり重視はされません。

何故なら詳しい前職での経験は、志望動機でなく職務経歴書の別項目に記載しているからです。

こっこ
こっこ
サラッとした記述でOK!その代わり職務経歴書を頑張って書こう

 

経験を全て書くのではなく、産業保健師になりたいと決意するに至った流れを書きましょう。

例:患者様の多くは精神疾患への知識が乏しく、病院受診の時点で社会生活が困難になっていたため、予防医療の必要性を強く感じるようになりました。

 

③産業保健師になりたい理由

こっこ
こっこ
ここからは注目されるポイントだよ

いよいよ産業保健師として働きたい理由を伝えるメイン部分です。

 

①の導入から②の業務内容の流れで、産業保健師に関心を持ったきっかけが書けていますよね。

関心を持ったその後、「なぜ産業保健師になりたいと思ったのか」を伝えましょう。

 

例:そこで私自身が、従業員が健康に働き続けられるようサポートがしたい、症状を早期発見し悪化を食い止めたいと思い、産業保健師を希望致しました。

 

こっこ
こっこ
あなたが実際に業務に活かしたいことを加えよう

 

「予防医療に関心を持ち、産業保健師になりたいと思いました」では抽象的です。

差をつけたいのであれば、具体的に産業保健師として何がしたいのかを必ず書いてくださいね。

 

④どうしてその企業でないといけないのか

この項目に関しては質問されやすいため、口頭で詳細を伝えられるようにします。

こっこ
こっこ
どの企業でも大体聞かれるよ

 

未経験の保健師側としては、正直言うと企業で選んだというより、産業保健師になれる可能性が高い・勤務条件が良いなどが選択したポイントですよね。

そして企業側も、もちろんそれは分かっていますが、それでも企業を選んだ理由を聞かれるものです。

ちなみにですが、企業を選んだ理由が見当違い・ありふれた理由であれば見向きもされません。

 

ですので企業ホームページの採用ページでチェックしたことは「質問されたときに」口頭で言うようにしてください。

「御社が求める、前向きに取り組める人材に共感し~」など書面に書いても個性は出ませんよ。

 

私のオススメは、求人情報を参考に企業を選んだ理由を書くことです。

保健指導が多い:〇〇内科で食事指導を行った経験を活かしたい
メンタルヘルス重視:心に寄り添って社員をサポートしたい
増員募集:産業保健に力を入れている企業で活躍したい

 

このように求人条件に合った企業の選び方をすると、「きちんと考えて応募している」「志望度が高い」と捉えられます。

例:その中でも、メンタルヘルス予防を重視している貴社で、従業員が健康に勤務が出来るよう、心に寄り添いながらサポートがしたいと思っています。

 

⑤貢献したい理由・将来の目標・ビジョン

ぴよ
ぴよ
やっと最後か~
こっこ
こっこ
気を抜かないで!最重要ポイントだよ

 

ここまでは「産業保健師に関心を持った流れ」「なぜ産業保健師になりたいか」「企業を選んだ理由」を伝えましたが、これだけでは面接には進めません。

 

はじめにお伝えした「企業が採用するメリット」をアピールしましょう!!これも手を抜かずに、時間をかけて考えてください。

 

このメリットに関しても、前項の④と同じように求人条件を踏まえて考えてください。

保健指導が多い:肥満者や特定保健指導対象者の数を減らす取り組みを行う
メンタルヘルス重視:メンタル対応として相談者となり、症状の悪化を防ぐ
増員募集:喫煙対策など新たな取り組みを提案し、さらに健康増進計画を進める

 

具体的に書くと、「お、この人だったら何かしてくれそう」と思ってもらえます。

注意点としては必ず質問されるため、自分が出来そうなことや返答できるものを書いておきましょう。

こっこ
こっこ
「禁煙率100%にします」と書いても具体例がないし、不審に思われるよね

 

そして仕事内容を把握していなければ具体的に書けないので、産業保健師の仕事内容も理解しておくことは必須です。

 

例:産業保健は未経験ですが、これまでの経験を活かして第三者立場での相談者としてメンタルヘルス対応を行います。そしてメンタル疾患者の予防や悪化防止に努めたいと思い貴社を志望致しました。

メンタル疾患の罹患者が少なくなると、従業員のパフォーマンスが保たれるだけではなく、休職者が減ることで金銭的・人員的にも企業のマイナスは軽減します。

 

このように企業や職場にとってプラスになるような働きかけがしたいと伝えましょう。

 

志望動機を書いてみよう

ぴよ
ぴよ
何となく志望動機の書き方は分かったよ
こっこ
こっこ
そしたら一度書いてみよう

 

志望動機の漠然としたイメージが、少し具体的になったかと思います。

  • 産業保健師に関心を持ったきっかけ
  • なぜ産業保健師になりたいか
  • 企業を選んだ理由
  • 企業にどのように貢献できるか

上記を具体的に書けば、面接に進める可能性は大幅にアップしますよ。

 

ここに書いてあるのは一例ですので、あなたの個性を出してアピールしてください。

今回はメンタル経験をアピールしましたが、特に経験がなくても人柄やコミュニケーション能力など何でも応用は可能です。

 

構成を練って、まずは文章を考えてみてくださいね。

職務経歴書の書き方は、「書類選考突破!産業保健師の職務経歴書の書き方【エージェント直伝】」を参考にしてください。

産業保健師の内定が取れた!未経験者が登録するべき転職サイト 産業保健師になりたい、と思っても求人情報が全く見つからないですよね。 私自身も転職するときに情報がなくて、探り探り...

 

ABOUT ME
cocco
アラサー産業保健師。 6か月で新卒病棟勤務から挫折→3年弱クリニック勤務→産業保健師(現在)。