クリニック

【看護師の転職】ボーナスがあるクリニックの選び方【失敗談あり】

ぴよ
ぴよ
クリニックってボーナスはあるの?
こっこ
こっこ
クリニック選びを失敗しなければもらえるよ

看護師は世間一般的に高給取りと言われています。ボーナスにハイブランドのバッグを買ったり、海外旅行に毎年行くのはよくある話ですよね。

クリニックで働いてみたいけど、給料が下がるのは困る!生活水準は下げたくない!
そう思って躊躇してしまうことも少なくありません。

結論から言うとクリニックでもボーナスはもらえます。ただし私はもらえませんでした。

ボーナスが欲しいのであれば、クリニック選びは重要です。

ボーナスがないと気持ち的にも、ひもじくなります、、。私の失敗談と併せて、今回はクリニックナースのボーナスについてお話しします。

クリニックで働く看護師もボーナスはある

ボーナスがもらえるクリニックは数え切れないほどあります。
中には年間4ヶ月もらえるなど、病棟並みにもらえるところもあるのだから驚きです。
ぴよ
ぴよ
めっちゃうらやましい!
前提としてボーナスとは、業績が良ければもらえるものです。給料とは別にある、従業員の士気を上げるためのご褒美なのです。
そのためボーナスの有無は、業績と院長の心意気によって変わります
こっこ
こっこ
業績が良くて、かつ院長の羽振りが良いことが絶対条件
ボーナスがなくてもとりあえずクリニックで働ければ良い、という考えの方はちょっと待ってください。
私も全く同じように考えていましたが、1年も経てばボーナスがないことに不満を持ち始めました。
毎月こつこつ貯金したお金で海外旅行にいく勇気なんて出ませんし、ボーナスで買い物をしている友達を見ると寂しくなりますよ、、。
たくさん求人を見てきた私が、ボーナスがもらえるクリニックを厳選しました。

ボーナスがもらいやすいクリニック

開院後20年以上かつ綺麗なクリニック

開院して長いのに、綺麗で今風なクリニックはオススメです。
クリニックも一般企業と一緒で、経営が困難になればすぐに潰れることは想像できますよね。
開院後10年、できれば20年経っていると業績が安定しているため従業員への還元も期待できます。
こっこ
こっこ
長く経営出来たら病院は今後も続くだろうね
その中でもくたびれたようなクリニックではなく、清潔感があったりリフォームをしているようなクリニックがおすすめです。
リフォームには莫大なお金がかかりますが、それを上回る収益が今後見込めるということ。
また清潔感がある病院は、医院の方針としてスタッフも患者さんも気持ちよく過ごせる場作りを目指していることが分かります。結果的に患者集めにも繋がりますね。
そのような院長は経営にも積極的で、スタッフの不満を低減し、長く働いてもらうためにボーナスを渡すところが多いです。
逆に新しいクリニックは開業資金のために多額の借金をしています。借金返済がまず第一ですので、従業員のボーナスに回す余裕は中々ありません。

患者の回転数が早いクリニック

一般内科などは患者をどんどん診察出来るため、高い収益が見込めます。風邪で受診すると1,2分診察なのに1500円払うこともありますよね。
心療内科や精神科は1人1人の診察時間がかかるわりに、支払われるお金は少ないので収益はいまいちです。
ぴよ
ぴよ
回転数が悪いんだね
精神科の診察ということで保険点数は増えますが、それでも一般内科には敵いません。
これは開業を考えている医師から聞いた話なので間違いないです。経営面を考えると数をこなす必要があるみたいですね。
逆に婦人科などは時間はかかりますが、必要な検査や薬、ピル処方など診察料金以外で稼げるので意外とボーナスはあります
経営の観点から考えると、ボーナスをもらえるかどうか判断できやすいです。

自由診療があるクリニック

自由診療があるクリニックも、ボーナスを期待できます。
自由診療…公的な医療保険が適用されない治療のこと
ぴよ
ぴよ
自由診療って美容だけじゃないの?
自由診療は美容のみと思われがちですが、実はそうでもありません。
普通の内科でもビタミン点滴やプラセンタ注射、サプリメント販売など自由診療の間口が広くなっています。
色々なクリニックが取り入れているので、探してみると意外と見つかりますよ。
この場合通常の診療報酬に加えて、1回数千円〜数万円の売り上げが見込めます。人員も増やさず売り上げも高いため、純利益が上がり従業員への還元が見込めます。
こっこ
こっこ
人員を変えず売り上げが増えるので

個人の美容クリニック

短期業績手当など通常ボーナスに加えて、+αでお金をもらえる機会が多いです。
その場合は売り上げが重視されますが、個人ノルマでなければ負担も少ないのでおすすめです。
ぴよ
ぴよ
個人ノルマがないところが良いな
注意点としては院長がスタッフや客の満足度よりも、売り上げばかり見る人だと営業色が強くなりがちです。
そういった院長は態度や言動で、患者さんに不信感を抱かれて口コミで投稿されます。掲載内容が全てではありませんが、口コミなどをチェックしておきましょう。

私がボーナスをもらえなかった理由

ここまで長々と書きましたが、私のクリニックはボーナスがもらえませんでした。
参考に私がいたクリニックの条件を書きます。
  • 開院3年目
  • 心療内科
  • 予約は埋まっているが回転数がすこぶる悪い
  • 院長の評判は良い
  • 院長が新事業を立ち上げる
  • 求人表記は【業績による】
回転数は悪いものの売り上げは良かったので、せめて年に1ヶ月分だけでも渡せるような業績はありました。
ですが、とっても大きな落とし穴があったのです。
こっこ
こっこ
これは想定外だった、、
院長は新しいもの好きで次々と新事業を立ち上げました。が、どれも上手く赤字続き、、。結果クリニックの売り上げけら補填することに、、、。
自分達が働いて売り上げを稼いでも、他につかわれると士気も下がります。
当時の私は世間知らずでしたので、業績による=額は変わるけど必ずボーナスがあるものだと思い込んでいました。
こっこ
こっこ
明確な数字が記載されていなければ期待は禁物!
また、転職活動をした結果、個人的に応募して採用されたのも一因だと思います。エージェントの場合は賞与の詳細も教えてもらえますので、判断がつかない場合は利用するのも手です。

ボーナスについての求人表記

総合病院であれば公式ホームページでボーナスが確認できます。求人要綱に前年実績の賞与額が書いてありますよね。

ですが、クリニックの場合は、「業績による」と書かれていることが多いです。
親切なところは前年度実績を書いてある場合もありますが、明記していない所の方が圧倒的ですね。

「業績による」と書いてある場合は、本当にもらえることもあれば、「いつか業績が伸びたら渡すね」という認識の場合もあるため判断が難しいです。
こっこ
こっこ
面接でボーナスを聞くことも可能できるよ
気になるのであれば面接で聞くことも出来ます。
ただし、面接の中でボーナスを聞くと印象が気になりますよね。最悪、採用判断にも影響が出ます。
そのため、自分自身でボーナスがあるかを判断をする必要があります。

クリニックの選び方が大事

クリニックは業種や売り上げ、院長の人柄によってボーナスの有無と額が変わります。

求人条件や公式ホームページ、口コミから判断できることもあるので一通り目を通してから応募しましょう。

ちなみに転職エージェントを使用した場合は、月収とボーナス何か月分など詳細を教えてもらえます。必要に応じて給与交渉もしてくれますので、使ってみるのもおすすめですよ。

こっこ
こっこ
ボーナスがあるとなしとでは雲泥の差!ちゃんとチェックしてから転職しようね
https://kango-tensyoku.net/entry/%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%af%e8%87%a8%e5%ba%8a%e7%b5%8c%e9%a8%93%e3%81%8c%e5%bf%85%e8%a6%81%ef%bc%9f%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e6%96%b0%e5%8d%92%e3%81%a7%e3%82%82%e8%bb%a2%e8%81%b7
ABOUT ME
cocco
アラサー産業保健師。 6か月で新卒病棟勤務から挫折→3年弱クリニック勤務→産業保健師(現在)。