産業保健師の仕事

産業保健師の仕事内容公開!大手企業(オフィス)の健康管理室編

こっこ
こっこ
産業保健師はどんな仕事をしているか答えらえる?
ぴよ
ぴよ
えーと、保健指導と、、なんだっけ?

産業保健師の業務内容を聞かれたときに、すぐに答えることが出来ますか?

産業保健師の面接を受ける際に、業務内容についての説明を受けたり、逆質問を求められることが多々あります。

実際にこんなことを質問されました。

  • 産業保健師の仕事内容は分かりますか?
  • 「産業保健師とは」を一言で教えてください
  • 気になる産業保健師業務を教えてください
  • 業務内容についてのイメージを教えてください

このように具体的な質問がたくさん来ます。実は転職活動当初は勉強不足だったため、しどろもどろになり、結果不採用をいくつかもらってしまいました、、。

この時に仕事内容をイメージできていなければ、「この人どうして産業保健師になりたいんだろう?」「仕事を任せるのは不安だな」と思われてします。

産業保健師の業務は、医療機関とは全く異なるので面接までに理解しておきましょう。

今回は私が実際に行っている、大手メーカー企業での産業保健師業務の内容を、具体的にお話しします。

この記事がおすすめの方
  • 産業保健師について質問されたら答えられない
  • 産業保健師の仕事内容が知りたい
  • 大手企業で産業保健師として働きたい

健康診断の実施

ぴよ
ぴよ
健康診断に関わっているのは知ってるよ

安全衛生法で、従業員が健康診断を受診することが義務付けられています。

健康診断の実施はどんな職場にも関わらず産業保健師業務の必須項目です

健康診断は対象者と時期により異なる種類がありますが、赤字項目は全職場全職員対象です。私の職場は工場現場もありますので、現場勤務の方には「特定業務従事者の健康診断」も受診してもらいます。

健康診断の種類
  • 雇入れ時の健康診断
  • 定期健康診断
  • 特定業務従事者の健康診断
  • 海外派遣労働者の健康診断
  • 休職従業員の検便

健康診断の実施方法は事業場によってさまざまで、産業保健師の関与方法も異なります。

健康診断を社内で行う場合、社外で外部委託する場合とで企画方法は違いますよね。

私の職場では、「健康診断を社外に委託」しています。そのため、信用できる健康診断機関の選定・日程調整・機関担当者との打ち合わせを行い企画に反映しなければいけません。

毎年問題がなければ、基本的に同じ健診機関を利用します。職場付近や社員の自宅付近など複数ピックアップすることが多いです。

最近の動向としては、外部委託が多くなっています。特に大手企業では、一般健康診断のみではなく企業負担で人間ドッグを受けてもらう流れにもなっています

他の企業ニーズとしては、若年者の生活習慣病健康診断、がん検診、人間ドッグなど事業場独自で実施されています。面接までに、企業独自の取り組みを把握しておくと印象アップですので確認しておきましょう!

健康診断の実施フローはその事業場で決められており、安全衛生担当者・職場担当者・産業医・産業看護職で役割を決めて実施していきます。そのため他職種との連携が欠かせない業務です。

  • 健康診断は安全衛生法で義務付けられている
  • 健康診断は社内・外部委託の選択肢がある
  • 他職種との企画と連携が必須
  • 企業独自の取り組みが近年の動向

健康診断の事後措置

健康診断は実施して終わりではありません。その後のフォローがむしろ保健師業務で重視されるところです。

こっこ
こっこ
健診後フォローが保健師の大事な役割だよ

産業医報告

健康診断実施後、保健師では判断できないことについて、産業医から意見をもらいます。

  • 診断区分、医療措置区分判定…所見の有無、診察の必要度
  • 就業措置区分判定…勤務の可否
  • 保健指導区分判定…保健指導の必要性

産業保健師は産業医が判断をするために、労働者個人と職場の情報、過去の健診結果や病歴を理解しておかないといけません。健診に関わる医学知識のみでなく、三管理や職場巡視での知識も必要です。

  • 医学知識、職場環境・個人の情報把握が必要
  • 医師と事業者の橋渡し役

保健指導

保健指導対象者の選定は事業所によって異なります。私の職場では、「保健師が必要と判断した人」「産業医が必要と判断した人」の両方を実施しています。その場合、保健師の独断は出来ないため、産業医に相談し許可があれば保健指導を行います。

安全衛生法では保健指導実施者は「医師または保健師」と記載されていますが、基本的に保健師が実施する事業所が多いです。医師は忙しいので手が回らないですし、会社としても人件費が全く違うので医師には頼みづらいですよね。

保健指導内容の一例
  • 要治療者に対する指導
  • 生活習慣病を中心とした疾病予防の指導
  • 作業環境管理や作業管理などの指導
  • ストレスマネジメントの指導

この保健指導が保健師の力の見せ所です。医療機関とは違い、一次予防対象者が多いので健康への意識は低いからです。面接ではこの保健指導について話をすると好感が持たれます。

  • 保健指導対象差の選定は事業場によって異なる
  • 保健指導は保健師が行うことが多い

 

二次健診フォロー

産業医の判断で、健診後二次健診の対象となった場合、受診勧奨を行います。

二次健診の受診は義務ではありませんが、受診するように促すことが努力義務とされています。

二次健診は胃カメラや大腸ファイバーなど、負担がかかる検査の場合が多いため受診を拒否する社員が多くいます

そんな方たちに、検査内容と必要性を詳しく説明し、受診者を増やすよう工夫しないといけません。

ストレスチェックの実施とフォロー

2015年12月から常時50人以上の労働者を使用する事業場では、労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)の実施が義務付けられました。

ストレスチェックの実施手段はインターネットと紙ベースの両方がありますが、多くの企業ではネット上で行うことが多いです。

ただ、実施は義務ですがその後のフォローは事業場任せになっています。

ぴよ
ぴよ
それってどういうこと?
こっこ
こっこ
どこまでフォローするかは産業保健スタッフ次第になるとも言えるね
ぴよ
ぴよ
責任重大!!

そのため産業医や保健師の技量、事業所のメンタルヘルス対策への意欲などの違いで、対応方法が企業によって全く異なるのです。ストレスチェックを有効に利用するためには、保健師のメンタルヘルス対応能力、新たな情報収集能力にかかっているとも言えます。

私の職場ではストレスチェックの統計を取り、事業場ごとのストレス変化を見ることでストレスの原因が上司なのか、仕事の量・質なのか、環境なのかを把握しています。

それを元に本人や上司と面談を行いますが、「自分が悪いと思っていない上司」「ストレスを認めない社員」への対応が困難ですので、コミュニケーション能力も試されるのです。仕事人としてのプライドや今後の昇進の邪魔をしないよう、話を聞いて改善に努めます。

また、現場では人事を動かしてほしいとの声があっても、社員一人一人に家族やキャリアがあるため、そう簡単には動かせないのも事実です。

現状としては、対人ですのでなかなか上手くいかないことが多く、根本的な解決策としては課題が山積みです、、。

メンタルヘルス対応

ストレスチェックも含みますが、最近の産業保健では、フィジカルと同様にメンタルヘルス対応が重要視されています。よって求人条件にもメンタルヘルス対応経験が記載されていることもあり、知識を持っていると面接に強いです。

過重労働者の対応

2019年4月から過重労働者の面談基準が変わりました。これは産業保健師としては重要ポイントですので、面接で「知りませんでした」とならないよう目を通しておきましょう。

面接指導対象の条件は職種などによって変わりますが、基本的には時間外業務が80時間を超えて、疲労が認められる人が対象となります。

ですが事業場によっては75時間、65時間などボーダーを低く設定していることも多いです。私の職場でも低めに設定しており、メンタルヘルス対応を重視していることが分かります。

休職者・復職者の対応

事業所の人事部や上司と本人の希望や医師のすり合わせが、一筋縄ではいきません。

板挟みになりやすいため、事業所と本人の意見を聞き取り、可能な限りWin-Winになるよう導きます。

事業所によって対応が異なるため、休職・復職フローを作るなど独自の対策が必要です。

健康相談

健康診断のフォロー、ストレスチェックのフォローはもちろんですが、日ごろの体調変化や悩みごとの相談も受け付けます。

しかし、信用できる保健師にしか相談には来てもらえないため、保健師技量が年間の面談数に反映されやすいです。

そのため、一概には言えませんが、面接で面談数や相談内容を聞くと現職保健師のポジションや、今までの働き方が見えて参考になると思います。

産業医フォロー

産業医とは頻繁に連絡を取り、面談日程の調整や意見書の発行補助を行います。

産業医によっては、精神科領域に詳しくない方や産業保健を深く理解していない方もいます。こればかりは働いてみないと分からないので、運任せとなってしまいます、、。なぜかというと、非常勤の場合は開業医がアルバイトで担当していることが多いためです。

ですから、産業医と連絡を取る際は、職場の状況や個人の情報を的確に伝えなければいけません。

また、医師も人ですので色々な性格の方がいます。出来るだけ協力を得やすいよう円満な関係を築くことが理想です。

ちなみに産業医と親しくなると、疾患や薬の知識を現場目線で教えてもらえるため、結構ありがたいですよ!

 

健康増進活動

健康であることは社員個人のライフプランにとっても重要ですが、事業場の利益にとっても重要視されています。

それは健康状態が悪いほど、仕事のパフォーマンスが落ち、労災認定件数も増えるためです。事業所が安定して運営されるためにも社員の健康は欠かせないものであり、近年力を入れているポイントでもあります。

活動としては、ポスターや健康教室での周知、研修などが含まれます。

喫煙対策

喫煙対策の中でも、特に受動喫煙に関しては現在非常に重要視されているポイントです。トレンドのように学会や産業保健の雑誌でも、頻繁に取り上げられています。

私の職場も含めて、今は全国的に分煙を勧めるだけでなく、喫煙可能な時間帯も制限しつつあります。

例えば昼食の時間帯は喫煙可として、午後の定時時間までは禁止にするなどです。こうすることで、就業中に一服してデスクに戻ってきた同僚の臭いや煙といった害を防ぐことが出来ます。

面接で喫煙対策について聞いてみると、独自の対策を知ることが出来るかもしれません。

感染症予防・生活習慣病予防

この2つは以前より重視され力を入れています。

ですが生活習慣病に関しては、お酒や食習慣を変えることが難しく、時間をかけて面談や健康教室で意識改善を図ります。

ただし、単身赴任などで一人暮らしの男性の場合、コンビニ弁当で済ませることも多いです。健康診断で極端な異常値が出たり、体に異変が出るなど変化がないと意識変化が難しい点でもあります。

安全衛生委員会への参加

法律には看護職の選任義務は明文化されていません。

ですが実際には委員の一人として指名されていることが少なくありませんし、ほとんどの求人内容に掲載されています。

保健師の役割としては、衛生管理者の立場よりも看護の視点から安全衛生に関わります。

労働者の身近な相談相手として、現場の声を伝えて委員会で情報交換を行う貴重ない機会です。保健師の場合は申請のみで衛生管理者の資格が取れるため、安全衛生の知識は個人的に勉強しておいた方が良いでしょう。

その場合は法改正に対応している、最新の本を利用してください。私は資格取得用の教材を利用しましたが、分かりやすくまとめられていて医学書と比較すると安価ですのでオススメですよ。

その他健康管理室業務

カルテの保管と管理

健診結果は事業場で5年間保存しなければいけません。保管のみですので難しい業務ではありませんが、近年の法改正で個人情報をより配慮しなければいけないと義務付けられました。

法改正で保存方法や情報開示範囲の変更もあり得ますので、法律は常時チェックし対応する能力が求められています。

データ入力

健診結果を集団として分析すると、事業場全体や対象職場の健康課題が明確にできます。

分析内容の一例
  • 有所見率や
  • 検査データ平均値の国との比較
  • 経年変化
  • 他職場との比較
  • 性別や年代別

このように分析をすることで、集団の特徴や労働状況とあわせてアセスメントし、職場環境改善支援に繋げていきます。イメージとしては、厚生労働省が毎年作っている統計結果のミニバージョンです。

結果を安全衛生委員会で報告し、次年度の健康診断の企画や健康課題に向けて話し合いをします。

分析をする際には、資料作りやグラフ作成を行うためWord、Excel、PowerPointを利用します。そのため産業保健師求人の条件に、PCスキル必須・尚可と記載されているのです。

 

産業保健師業務❘まとめ

産業保健業務は基本はどこでも一緒ですが、プラスアルファの応用部分は事業所によって大きく異なります。

ですので産業保健師の基本業務や法律を踏まえておき、企業独特の対策や取り組みをインターネットで検索したり、面接で質問すると企業の理解が深まるのでおすすめです。

 

ABOUT ME
cocco
アラサー産業保健師。 6か月で新卒病棟勤務から挫折→3年弱クリニック勤務→産業保健師(現在)。